みなさんはチョコレート嚢腫という病気を知っていますか? あまり聞いたことがない名前の病気だと思いますが、チョコレート嚢腫とは女性特有の病気の一つです。 卵巣に子宮内膜症ができてしまった場合、そこに生理の度に血が溜まってしまい、まるでチョコレートのような色の嚢胞になることをチョコレート嚢腫といいます。 一般的にチョコレート嚢腫と呼ばれていますが、正式名称は「チョコレート嚢胞」です。 そして、チョコレート嚢腫ができるのは、卵巣に限らず、稀に子宮の表面や骨盤内、肺などにもできることがあります。 チョコレート嚢腫が卵巣にできてしまうと、月経痛が酷くなったり、性行為をしている時に激しい痛みを感じるようになるでしょう。 また、不妊にも影響を与えることがあり、中には、これが原因で子宝に恵まれないという人もいます。 もし、そのまま放置してしまうと、子宮や卵巣を摘出しないといけない事態になってしまうので、注意する必要があります。